心と身体の痛みの関係性

  ライトワーカー

人って心で痛みを感じるのをやめると、

その痛みのエネルギーは身体のどこかで出すことを選ぶことがあるらしい。

心で痛みを感じ切るのはとても怖いからなんだろうか。

痛みそのもは、傷が治ってゆく過程で起きてくる症状なので、

痛みそのものが悪いわけではない。痛んでいるんだよ。

むしろこれ以上酷使しないで。とか、

大切に扱って。などのいうメッセージを発している。

 

そうした身体のメッセージ、心の代弁者。

そう考えると心と身体はとても仲良し。

協力体制ばっちり。

 

でもヒーリングしていると思う。

身体を痛めることなく、心を感じ切ることをした方がいい。

何故なら、痛みは心が癒されない限り場所を変えて出現し、

収まることはないと感じるから。

本当に心も身体も大切にするって、心と身体のつながりを無視しないことから始まるのかもしれない。

手

 
ただ今、HPのトップページの調子が悪く、正しく表示されません。
復旧にむけて努力していただいています。しばしお待ちください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pocket

最近の投稿