限界をこえて

  ライトワーカー

一羽の子鳩が 巣の上に一日中立っています

 

あるとき子鳩は呼び声を聞くのです

「こっちへおいで」

 

そのとき どうして声の方へ飛ばないでいられるでしょうか

小鳩が その体から羽を広げるのは この声が届くときです

 

「おまえは、自分の限界に逆らって しっかり羽を羽ばたかせたね

おまえは 扉も窓もない家に住む 翼のない鳥だったのに」

 

慈悲によって扉がつくられる

戸惑いが鍵を壊す

 

求めよ!

光の中へ 胸を張って羽ばたくのです

後ろを振り返ってはいけない

 

注がれた純粋なワインを少しづつ味わいなさい

汚れたカップを与えられたことなど取るに足りないことでしょう

 

 

~ ルーミー愛の歌より~

 

私達が自分の限界を超えようと羽ばたいたとき

御心によって扉がつくられ、そして自分でその扉を開けてゆくしかない

導かれるとはこういうことなのでしょうか

 

 

Pocket

最近の投稿