虫歯からの学び

  未分類

先日 随分昔に治療した歯の詰め物が、ふいにはずれまして

早く詰め物を入れなおして頂こうと、早速歯医者さんに駆け込んだところ、

 

詰め物が外れたところの下が虫歯になっているとのこと。

その虫歯はかろうじて神経にまでは到達していなかったため、麻酔なしで治療をしていただくことが出来ました。

今私は薬というものと無縁の生活をさせてもらってるせいか、麻酔を打たれると

その日の夜はものすごく気分が悪くなってしまいます。

 

詰め物が外れて、あらら、^^;って思ったんですが

外れるべくして外れたんですね。

 

詰め物かぶってたら、虫歯かそうでないかはわからなかった訳で、

ずんずん進行してしまっていたら大変なことになってました。

 

外してみないとわからない、中の損傷程度。

心の蓋もそうかもね。と考えたりしていました。

 

金属の詰め物って、詰め物と詰め物の間に微量の電流が流れるそうで、

ゆくゆく金属アレルギーの原因にもなるとか。

 

知らずに来ちゃいました。今まで。

虫歯の予防医療に力をいれている歯医者さんのこと、以前テレビで見たんですが

予防医療。大切ですね。

今までは虫歯が出来たら歯医者さん。

という頭しかありませんでしたから。

 

心も身体も損傷がひどくならないうちに、早めのケアしましょう!

IMG_4545

Pocket

最近の投稿