コッツウオルズのハプニングとイエスのメッセージ

  ソフィアラディエンスについて

img_7005

コッツウオルズの小さな村に行く途中に偶然立ち寄った教会。

入り口の両側の大きな木が建物と一体化していました。

そして教会内にあったイエスとマリア、マグダラのマリアの彫像です。

img_7006

この下で瞑想しようとしたら、すぐにエネルギーがやってきて、
「光を守る者よ、ソフィアの光は私の教えそのもである」
というメッセージを受け取り、静かに涙が頬を流れ続けました。

 

主にイエスを通してもたらされた、ソフィアラディエンスの光でしたが、
ここイギリスに来て、このようなメッセージを受け取る事が出来るとは思いもよりませんでした。

 

聖書に書かれている事は、随分変わってしまっている事は知っていましたが、光に込められた情報こそが、宇宙の源から降ろされ、全ての宗教に枝分かれしていった情報の根本である事を伝えられた時は、感動しました。

 

無宗教の私ですが、そういった認識を持ってソフィアラディエンスのヒーリングを行いたいと心新たに思いました。

 

 

コッツウオルズに行く途中、ブロードウェイタワーに登ったところ、ちょうど登りきったところで、虹が出ました。

とてもラッキーと喜んでいたのですが、なんとその後ガイドさんの運転する車が突如エンストし、動かなくなってしまいました。

img_7017

タクシーを呼ぼうとして電話してもどこにも繋がらず、困り果てていました。

日は暮れかけて寒くなってきたので、こうなったら聖ミカエルにお願いしてみよう❗️

と思い立ち、お願いしたところ、一度かけて繋がらなかったタクシーの方から電話が入り、

すぐ来てくださるとのこと。

そして、そのタクシーの運転手さんのお陰で全く動かなかった車のエンジンがかかったのです。

 

私には詳しい事はわからないのですが、本当に不思議だったとの事でした。

ガイドさん曰く、運転手さんは、何だか神がかっていたのだそうです。

 

やはり助けてくれたのかな。

ミカエル。

そう思った直後、天使のような雲が出ました。

ガイドさんも、

ああ、天使みたいですね〜❗️

とびっくりされていました。

image

こういうハプニングは、天使の贈り物。

今となっては、楽しい思い出です。

 

 

 

Pocket

最近の投稿