扉が開く・白い虹

 

節分ですね。

節目の時を意識して暮らすようにしていますが、

今回も大きな節目になりそうです。

 

一年前から呼ばれていた場所、

マニラにやっと行ってきました。

 

二泊三日のショートステイでしたが、

濃い浄化と、

癒しについて、今まで私が持っていた概念がひっくり返るような

そんな光のコードを直前に授かり、浄化の旅を続けました。

 

マニラを浄化している時、

突如

「オープン ザ ゲート」

という声がしました。

光の扉が開いたのでしょうか。

マニラは、50万人の日本兵が亡くなられた場所であり、

ムー大陸とも関係していて重要な場所と伝えられていました。

 

そして、帰国の際の飛行機では

機体が上昇して、安定飛行に入った頃から

珍しい白い虹が1時間以上ずっと出続けていました。

 

白い虹自体、私は初めてみたので、

最初は、薄い色の虹だなあと思って見ていましたが

濃くなるどころか、時間の経過とともに

どんどん色が消えて、白一色となってしまいました。

 

そういえば日本でも観察されたと

少し前の新聞記事で読んだ事を思い出しました。

水の粒子が霧状で細かいと、白い虹が発生すると書かれていました。

 

言われが諸説ある白い虹ですが、

先祖がその白い虹を通って祝福に訪れる。

という意味もあるそうです。

私はその意味が正しい気がしました。

虹ですが、マニラから日本に向けて繋がっているようなカーブを描いていました。

 

とても意味深い旅をさせていただきました。

 

ご一緒して下さった生徒さん達も

自分の中で、ただならぬ変容を感じておられ、

皆んなものすごくスッキリとして日本に帰国しました。

感謝です。

   

 

Pocket

最近の投稿