ペルーより、マチュピチュの光

 

ガイドさんによる、マチュピチュの世界遺産見学が終わり、午後からは自由行動でしたので

友人とまたゆっくりマチュピチュを感じようと再入場しました。

1日3回まで入れるんですよ。

 

午後からは人が少なかったせいか、リャマ君、ちゃん?登場!

人を警戒するどころか、ゆっくり歩いてくれて立ち止まり、

写真撮るならどうぞ〜〜みたいなポーズ。

癒されました。

 

そして、おきまりの光の写真。

神官たちが学んだ場所にて、写り込んだ光の帯。

これは斎場御嶽で見られた光の帯と似ています。

 

ゆっくり好きな場所を散策しながら、友人と私は

かつて、この場所で暮らしていた事を思い出していました。

 

友人は、この場所を離れざるを得ない状況下、

アマゾンへと逃げ延びた過去生が思い出されたようで

ただただ涙がこぼれ続けたのだそうです。

後ろ姿をパチリ。

その時は石の上に寝転び、ただ青い空を眺めて嬉しくて懐かしかった私でしたが、

私の過去生は男性でアマゾンへは逃げず、この場所にて最後を迎えたであろうことが

思い出され、深い深い悲しみが、しばらく後に込み上げてきました。

太陽に周りにきれいな虹も出ました。

「マチュピチュ行くの大変そうだから、テレビで観てる方が楽だよね〜」

などと言っていた私でしたが、行かないと繋がれないものがある。

何度となく呼ばれて各地に行っていますが、今回も大きな解放でした。

 

さて、次は一旦クスコに戻り、いざチチカカ湖へ!

です。

 

Pocket

最近の投稿