ガンのメッセージ

  ソフィアラディエンスについて

先日、船戸クリックの先生の講演と

「つむぐ」という映画を観て来ました。

しみじみと、しみじみと心を大切に、

そして豊かさ、辛さ、悲しみ、全てを分かち合い、今をしなやかに生きる。

 

うまく表現できませんが、そんな印象を受けました。

 

そして、ガンについても船戸先生がおっしゃるには、

 

ガンはレッドカードであり、

そのレッドカードだけを切り取ろうとするのでは無く、

レッドカードを出された意味をわかろうとしなければ

根本の解決にはならない事、

 

そして、ガンは私達に死になさいなどというメッセージは

一切持っておらず、

ただ、

「変わりなさい」

そう言っているだけなのだそうです。

 

ガンのメッセージを聞いた時、

鳥肌が立ちました。

 

本当に、ガンをきっかけに、

生き方をガラリと変えていかれる方はとても多いですよね。

 

私のヒーリングセッションにも

ガンなどの病気の方は多いですが

本当に、病気や怪我は私達に

人生の歩み方の見直しを呼びかけています。

 

その「気付き」が何よりの回復の近道である事は

私自身の経験でも、体験していますし、

私の両親も過去にガンを患いました。

 

幸い両親は今元気でいてくれていますが、

そこで学んだ事は、

先進医療を否定するのでも無く

自分の状態の最善のために、やれる事をやってみる。

そして、目に見えない世界の仕組みも受け入れる。

エネルギーワークなどの代替療や、根本の思い込みや生き方の見直しですね。

 

そうした、何者とも戦わない柔軟性が今求められているのだと思いました。

 

意味深い映画鑑賞と講演会でした。

この会を主催してくださったヨガヤードさん、ありがとう!

 

 

Pocket

最近の投稿