子供の心と体②

  ライトワーカー

今日も雨が降っています。

嵐のように風が吹き、雨が降ってこの地を清める。

 

自然とは、凄いですね。

この地が清められると、私達の心も清々しくなります。

 

もうすぐ春の彼岸。

義姉が亡くなったのは、秋の彼岸でした。

あれから22年経ちますが、彼岸には必ず思い出します。

 

私が目に見えない世界に強く導かれ始めたのも

インナーチャイルドの世界を知り、本から学び始めたのも

その頃からでした。

 

 

若い世代では、今自ら命を絶つ人が

病死を上回っているようです。

 

不登校の問題もそうですが、

社会や、家庭における深い問題を自らの人生でもって

表現された、全ての人に向けた強烈メッセージだと思うのです。

 

ただ、悲しいことと済ますわけにはいかない。

そんな想いに突き動かされた22年前の自分がいました。

 

 

人は弱いし、

人は間違いもする。

自分を守るために戦ったり、こもったりしもします。

知らないうちに人を傷つけたり、喜ばせたり

自然を愛したり、壊したり

みんなそうですよね。

 

でも、

どんな場所にも、

どんな人にも

等しく太陽の恩寵は降り注ぎ、

月は優しく微笑みます

 

そんな太陽や月に学びたい

 

弦楽器の調べを聴いていたら

メッセージがやってきました。

 

感謝

 

 

 

 

Pocket

最近の投稿