アルメニア・リトリート③

 

三月のこの時期は、

過去に置き去りにしてきた未消化なものを

清算するとき

 

その様に表現されている方がいらっしゃいました。

そして、それは個人よりもグループで行われることが意味を持つ、という事も書かれていました。

私も実感として、まさにそんな感じだと思います。

 

全く意図したわけではないのですが、

アルメニア・リトリートそのものが、まるで仕組まれたかのように

旅の前に起きるべきことが各自起きて

そして、その答え合わせのような気付きが、リトリート中に数々ありました。

 

私達は勇気をもって、自分の殻を脱ぎ捨てたいと望み

行動を起こす時、大いなる存在の光の恩寵を受け取る事が出来ます。

 

一人一人の歩みを、確実に一歩一歩進ませてくれる、という感覚。

それは本人しかわからないことであったり、

みんなで共有するからこそ、理解が深まったり。

それがリトリートの醍醐味だと感じています。

 

その時集まった仲間は、魂の仲間。

深いところで揺るぎない信頼と、絆で結ばれている。

それを何回も感じる旅でした。

 

アルメニアでは、素晴らしい場所はたくさんあったのですが、

何と言っても一番は、大アララト山と小アララト山。

フリーの日、みんなで路上の観光ワゴン車に乗ってアララト山に行きました。

 

曇天の中、奇跡的に大小のアララト山が浮かび上がって見えた時は、本当に感動しました。

アララト山がかすかな夕日を受けて光っていました。

そして彩雲も♡

翌日ツアーで再度アララト山に行くことになったのですが、綺麗に晴れてアララト山は例えようもなく美しかったです。

そして、想像以上に素晴らしかったのが、いえ今回の旅のメインとでもいえる場所。

それが、ホル・ヴィラップ修道院でした。

↓聖グレゴリウスが14年間幽閉されていたという、ホリ・ヴィラップ修道院の地下に掘られた穴の部屋

急な階段を降りるのが怖いほどの深い穴でした。

でも一旦降りてみるとそこは、意外に落ち着く場所でした。

聖グレゴリウスのおかげで、4世紀にアルメニアの国教がキリスト教になったのだそうです。

 

そして、地上にある修道院の傍の、蝋燭をともすために訪れた部屋にこの方の絵が。。。

色が無く、モノクロで地味なんですが、イエスキリストの絵でした。
このような絵は他では見たことはありません。
黒い石版に細い線で掘られた絵という感じでした。
その絵の前に立った時、突如様々な情報が降ろされたのですが、
それは、このリトリートに参加した人達へのものでした。
私が夢の中で見た、アララト山の側で私達を待っててくれる人とは
まさにこの方だったのです。
夢で見たことが
ここまでリアルに示されるのは初めてかもしれません。
つづく

 

Pocket