変化の時に起こること

  メッセージ

横浜の出張を終えて、帰りの新幹線の中で、

今までと少し違う綺麗な光が撮れました。

スマホを新しくしたせいか、映り込む光の波動が変わったみたいです。

家の中でも、夕方6時頃の光。

はめていたブレスレットも、なんだか輝いていて、

出張が終わり安心しているかのよう。

最近変わり目を感じておられる方がとても多いです。

わたしもその1人ですが、横浜で仕事をしていて感じた事。

 

人は大きく変わる時、過去の古いエネルギーをきっぱりと解放、統合すべく、物事を思い出したり再体験するのだということです。

そしてその為には、その体験を思い出すようなスイッチになる出来事を引き寄せ、再体験するのですが、それはまるで同種療法のように働きます。

 

「ああ、まただ。もう嫌。

この体験を繰り返すのは」

 

そんな風に感じ、

そうして、とうとうその体験を統合して超えて行くことになるのだと思います。

すでに自分にはもう無いと思っていた、この感情。

まだあったか、とがっかりしなくていいのです。

 

スッキリ、キッパリ、統合して行く為に起きたこと。そうしないと、次の軽やかなステージに行けない。

私達は、体を持って生きています。

だから、感情を無くす事は出来ないし、無くす必要はない。

でも、振り回されるのだけは終わりにしたい。

過去の様々な感情を伴う体験も、今の自分を作ってくれた尊い事として受け入れて行くことが出来たら、どんなにか、静かな幸せに満ちてくることでしょう。

 

被害者でも、加害者でもない自分。自分の心の葛藤を外に投影し、苦しんでいただけなんだと気付く時、私達は自分の足で立ち、歩き始める。

そんな風に感じました。

 

 

Pocket