アラハバキ神社とナガスネヒコ

 

夢野温泉で、先生から出来たてホヤホヤのアラハバキ神の土偶さんを頂き、

私達は、いざアラハバキ神社へ。

今回は、青森の方もよく知らないというアラハバキ神社へ。

 

昨年ライアー製作のワークショップの途中、石神神社へ導かれて行った時も、青森の人もよく知らないという神社だったなぁ。

でも、車を出してくれる人、一緒に行こう、と言ってくれる人が現れて、3人で何とかミッションを終わらせる事が出来ました。

奇跡のようでした♡

ありがとう😊

 

そんな事を思い出していたら、

今回  快く車を出してくれたロコたん。

一緒に行ってくれてとても心強かった、アズちゃん。

道案内役を引き受けて、雨が降っていたため、私達の長靴まで用意してくれた神様のようなときちゃん。

 

気付くとそれらの人々が、ロコたんの声がけで集まって下さって、私1人では到底行けそうもない場所でのミッションを、みんなの力を合わせて行う事が出来ました。

この場所に祀られているという、ナガスネヒコという一族の御霊。

歴史の狭間に消された豪族たちの思いが、今もなお残る場所。

信じた者から裏切られた悲しみと苦悩への鎮魂。

昨年私の元に来てくれた土面笛を、時の経つのも忘れて吹いてきました。

そして、その場でお伝えした、多次元浄化の光のコードをみんなで降ろした。

 

なんだか、今こうして書いていても胸が熱くなるような、素晴らしい仲間との体験でした。

ろこたん、アズちゃん、ときちゃん、ありがとう〜♡

ここから山の中へ、

神社の鳥居の上の木が落ちてしまっているのでこんな形。

よーく見ると神社の名前の下にある彫り物は、なんとライオン‼︎

ここでもイスラエルの香りが。。

ナガスネヒコ一族が、王となるのを宣言した場所らしい。

山の中の緑が美しい

帰り道雨が降ってきたので、芋の葉?

を傘にしてる、トトロの世界の人たち♡

 

まだまだ謎だらけの神社でしたが、荒れ果てた、という次元を超えた朽ち果てた感じがするものの、その場のエネルギーは凛として素晴らしいものでした。

 

Pocket