制限と義務と権利と

  メッセージ

私たちは、誰かの子供であり

誰かのパートナーであり

誰かの親であり

そして

生きて行く為に与えられた仕事のポストがある

 

それらの制限と義務と権利の中で

自分の望む現実に近づく為に一生懸命努力して来た

 

努力する事で

必ず幸せになれるはず、、

頑張って勉強すれば偏差値が上がるように、

そう信じて進むプロセスの中で、幸せを感じる以上に

自分に科せられた制限を受け入れてきた。

 

その事が、時に大切な人や自分自身をコントロールする事になりうる事を

つゆほども思わなかった

それらは、広大な自分の魂を小さな制限だらけの身体に閉じ込めないとできない事だった

 

そこから眼を覚ます時が来た

あなたの魂は広大で自由であるように

あなたの大切な人の魂も同じ

どんな時も、ただ愛で見守る事しか出来ないことを思い出そう

 

それは、どれだけ人も自分も信じ切れるかというチャレンジのような事かもしれない

失敗も成功もただの経験でしかない

この地球という、

愛しい星の上で見るひとときの夢なのだ

 

何よりも自分の魂の叫びを聞く事に心を注ごう

それが出来た時

全てが美しいメロディのように、

ただ流れて行くことを目撃する事ができる

 

*・゜゚・*:.。..。.:*’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

以上

今朝、ドリームメッセージを受け取ったので

書いてみました。

 

 

Pocket