変化の時

  メッセージ

 

足りないものではなく、あるものに意識を置き

変化の波が来たら、怖れを捨て乗る

私達はいつも、進み続けることを選択する

 

時にそれは、一抹のさみしさや、捉えようのない不安を感じることがある

振り返ると、あらかじめ用意されたかのような道だけれど、

ふっと、大海原に一人投げ出されるような心地になる

 

そんな、自分自身のコントロールなど効かないような流れを

胸の奥で静かにともる、情熱の光だけを頼りに進む

扉があれば開け、山があれば登り、川があれば渡る

いつだって戻る橋は無い

小心者の私だけれど

そんな生き方を選んできた

 

これは、5年前に書いた詩です。

以前削除したはずのアメブロのページが残ってて、偶然見つけてびっくり。

 

今日書こうとしていた思いに似ていたのでコピーしました。(字が小さいですね)

できないことではなく、何ができるかを意識してゆくこと。

 

私自身、この二日間で大きな内的な解放もあり、

輪廻転生を含む人生のドラマをしみじみ感じています。

 

これからどんな展開を望むのか、

私たち自身に主導権はあります。

さあ、眼を覚ましていきませんか。

 

Pocket

最近の投稿