秋分の日を過ぎて

  ソフィアラディエンスについて

昨日は秋分の日でしたね。

皆さんは、どのように過ごされましたか?

彼岸とは、苦しみの世界から、安らぎの世界へと移行出来るタイミングだそうです。

 

私は、1週間前から入院している母と日々連絡をとっていました。

何しろ今はコロナの関係で面会出来ないので、携帯で話すことでしか、状態を知ることは出来ません。

 

秋分の日の前日母をリーディングしていたら、母はとても重いものを抱えているのが見えました。

 

ずっと以前から抱えていた物。

それが、この秋分の日の軽やかなエネルギーのサポートがあり、手放すことにしたようです。

そのヒーリングの後、病院のケアもあり、母の声は見違えるほどの軽やかな声になっていました。

 

あの様な軽やかな声は、今まで聞いた事がないくらいです。

お彼岸だけに、苦しみから解き放たれ、安らぎの世界へ移行出来たのかもしれません。

 

今降り注がれるエネルギーは、軽やかでミルキーなもの、キラキラした五臓六腑に染み渡るようなエネルギーなど、幾つもの素晴らしいエネルギーに満ち溢れています。

 

「多くの人たちとの協力のもと、一つの事を成し遂げてゆく。そして、関わる人全てにその恩寵はもたらされる」

 

これは、本を書いている時に来ていたメッセージですが、今全ての方にそれが起きている。

そんなふうに感じました。

 

弥栄、弥栄、弥栄(いやさか)

以前、浦島太郎神社を参拝している時降りてきた言葉。

全ての人が真の豊かさに気付き、満たされる日が

近い事を意味しているのでしょう。

Pocket