梵珠山にて

 

青森のリトリート、そしてその後函館経由で二風谷へ。

あまりにも濃くて、意識がひっくり返るような体験があり、まだ自分の中で整理が出来ていないけれど、とりあえず少しずつ書き記しておこうと思います。

青森のリトリートに向かう際、

雨模様の雲の上、飛行機から見えた太陽。

すでに現れた全てオッケーのサインに、安堵。。

青森では、梵珠山、大湯ストーンサークルなど、大切なワークが予定されていたのだ。

梵珠山は、11年前、宇宙神と地球神との交信が行われた場所らしい。

そして11年後の今、また交信が行われるだろうというのだ。

私達は、青森の土偶作家の方に導かれて、先生の作品である、観音土偶を持って山を登った。

エネルギーの優しい山だったけれど、実はとても残虐な事が行われていた場所があるらしい、との情報がやってきた。

その場所に観音土偶を置いて祈ったとき、観音土偶の上から清らかなエネルギーがきらきら降り注がれたかと思うと、地球の中心に向けて強烈なエネルギーが観音土偶から降ろされた。

その直後、観音土偶がほわりと、上向きに倒れ、台座と、土偶などがバラバラになった。

目を丸くする参加者の方達

私もびっくりしたけれど、

「もうこの場所の浄化は終わり」

そんなメッセージを受け取り晴れて下山。

先生お疲れ様でした。

枝、折れそうです(≧∀≦)

つづく、、、

Pocket