全てが腑に落ちる感覚

 

こんばんは。昨日は、長い時間セッションしていただき、本当にありがとうございました!
それにしても、昨日のセッションはすごかったです!

私自身がセッションを受けたのはこれが3回目で、今までも毎回気付きがあったのですが、今回は特に素晴らしい気付きがありました。
全てをお話しようとするとメールでは全く足りないくらいなのですが……とにかく素晴らしい感覚でした。

ソフィアの光を通して見えたインナーチャイルドの姿と、伝えられたメッセージを悦子さんからお聞きしたとき、目の前がはっとクリアになるような……全てが腑に落ちる感覚がありました。

自分は頼れる存在でありたい。家族に認められたい。それは自分でも薄々気づいてはいたのに、敢えて見ないようにしてきた感情でした。
父や兄に自分の考えや方針を話して理解してもらった以上は、絶対にこれで治さなくてはならない。治ってもらわなければ困る。そう意固地なまでに思っていたのが、その感情を認めた瞬間ふっとほどけたのです。

家に帰りつくころにはすっかり心は穏やかでした。今まで母の一挙一動にハラハラし、取り乱せば飛んで行ってその肩を抱いて、時には一緒に涙を流して慰めていたのが、一歩引いたところで「大丈夫大丈夫」と受け流せている自分がいました。

そして父と兄も変わりました。母が病院に行って以来、兄は毎日電話をくれ、様子もマメに見に来ます。父も常に母の体調を気遣い、優しい言葉をかけてくれます。
今まで私は父と兄に対して、「もっと真剣に関わってほしい」「もっと優しい言葉をかけて欲しい」とずっとイライラしていたのですが、実は父も兄もずっとそうしたかったのだと初めて気付きました。本当はもっと中心になって母と関わりたかったのに、それを妨げていたのは私だったのだと……。

実は、今日兄が様子を見に来てくれたとき、昨日のセッションの内容をかいつまんで話しました。兄が行動を起こしてくれたことで自分が楽になれたこと。自分が抱えていた思いを正直に話しました。

私はこれまでトラブルメーカーの兄を快く思っておらず、表面上は普通に接しながらも実はずっと敬遠してきたので、兄に対して本音をさらけ出すのは、すごく勇気がいることでした。けれど、今日は素直に兄に感謝の気持ちを伝えることができました。
私の気持ちが伝わったのか、兄も自分の弱音を一つ、私に見せてくれました。実は義姉から聞いて私はひそかに知っていたことだったのですが、これまで母や、特に私には言いたがらなかったことです。

○○療法のことも話し、もしよければ一日母と一緒に行ってほしいと伝えたところ、快諾してくれました。セッションを受けるまでは、絶対に私がいかなければならないと思っていて、兄に任せるなんてことは選択肢としては一番遠いところにあったのに……本当に不思議な気分です。
兄と私が心から打ち解け合ってはいないことを母は感じていて、その修復のためにこのような状態になったのではと思えるほどです。

他にもセッションの後、本当にいろんな気付きがあって、それが面白いくらいいろんなところに繋がっていくのです。メールでは書ききれないのですが、本当はまだまだ、お伝えしたいことが山ほどあります……!

昨日、セッションを受ける前にうつろな気分で○○神宮で手を合わせていたのが嘘のように、今不安は全くといっていいほどなく、これから全てがうまく転がっていくような気がしています。とにかく今は何が来ても「どんとこい!!」という心境です。

セッションを受けるようになってから、大いなる存在は本当にいるのだと、そしていつも見守られているのだということを私自身強く感じるようになりました。
これからも神の導きを信じて、私は私らしく、家族と関わって行こうと思います。

素晴らしい気付きをくださり、本当にありがとうございました!また何かあったらご報告したいと思います。
あ、メールで書ききれなかったことは、今までのことも含めて文章にしてみたいと思っています。そのうちブログなど立ち上げるかもしれません……^^;

心からの感謝を込めて☆

Pocket

最近の投稿